葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須です。

では、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は必要ないのでしょうか。

実際には決してそうではないんですよね。

赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという話では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大切な期間という訳です。

なので妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。

ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することでお腹の中の赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が明らかになりました。

そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が勧告しています。

実際に葉酸サプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうちトクホ(特定保健用食品)に指定され、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もよく耳にします。

不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。

生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。

ときには友人や家族の励ましや、過度な緊張感が不妊治療に通ううちに重積してくることも少なくなく、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。

自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが不妊治療には大いに助けになると思います。

葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。

では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。

葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、妊娠中だけの摂取でも、もちろん構いません。

しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体に有益な様々な働きをしてくれます。

中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、葉酸の摂取を続けることで健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。

見たところ全く関連性がなさそうなことですが、実際には、妊娠と歯の健康というものには重要な関連性があることが分かっています。

近年の研究により、歯周病というものが、早産あるいは低体重児などの可能性を引き上げるということが判明しています。

妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。

妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合はなるべく早く診てもらうことをおすすめします。