葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。青菜

葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。

青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、フルーツで言うと、イチゴが有名です。

あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと発表されています。

または、柿やキウイフルーツアセロラもそうですし、あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。

十分な葉酸を簡単に摂取するためには、オレンジジュースで補うのもおススメです。

特に妊娠初期には、胎児の発育を助け、障害発生のリスクを下げる大事なビタミンだと、産婦人科医などでも葉酸の必要性は指導されているようです。

ただ、葉酸の摂取は妊娠に気づいたときでは遅いというような指摘をする方もいます。

理由としては、妊娠が判明する前から葉酸を多く摂っておくことが順調な発育のために欠かせないからです。

だとすれば、子供を授かりたいと考える方はすぐに積極的に葉酸摂取をしていくことが女性に求められているのです。

妊娠によって日常生活も心理状態も変わるのでその変化が身体にとってストレスとなり、自律神経のバランスを崩すこともあると考えられます。

いわゆるつわりは、妊娠初期のホルモンバランスの変動、もしくは毒素の排除によって生じてくるのですが、ストレスによる自律神経の不調が原因となる症状でもあるのです。

葉酸は、ストレスへの耐性を高めるように作用するので副次的につわりの軽減も果たせるのです。

妊娠を希望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素と言えば、葉酸ですよね。

葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素なのですが、大切な栄養素とは言っても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。

特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。

ですから、過剰摂取に陥らないよう、既定の容量を厳守するようにしてください。

葉酸の過剰摂取によって、胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してください。

また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。

夫婦そろって本気で妊活をしようとする場合、まずはきちんと産婦人科で検査してみましょう。

そうすると、そもそも妊娠のために十分な体なのか、あるいは先天的な問題が無いのかなどを確認できますから、妊活を始める前には、ご夫婦で不妊検査を受けてみましょう。

検査を受けると安心感がありますし、より健康的な赤ちゃんを授かる可能性も上がりますので、ご夫婦で検査を受けるようにしましょう。