葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は、私が知る限りでも、多くの

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で摂取が勧められているほどです。

病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。

しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方もいますよね。

万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。

ですから、サプリによる摂取が無くても普通の食事を摂っていたならば、多少は摂取できているという事ですね。

受精卵や胎児の細胞分裂を促す働きがあるため、妊活においても必要不可欠な栄養素であるのが葉酸で、サプリメントによって葉酸を摂取した場合の影響は病院などで血液検査を受ければ分かると思います。

それに、葉酸以外で気にかけておく栄養素にビタミンB12があるのです。

なぜなら、葉酸の過剰摂取の結果、ビタミンB12の摂取不足がはっきりしない場合があるので、注意が必要です。

ビタミンとしての葉酸は、食事から摂取するだけでなく、サプリメントなどを補助的に飲んで補っても効果に変わりはありません。

また、妊娠中から授乳が終わるまでの女性などより多くの葉酸摂取が必要なのに食事から摂れる葉酸だけでは効率よく摂れない場合、もしくは悪性貧血の改善を目指して、時々用いられる手段として、集中的に注射で投与することも考えられます。

葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。

では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。

実は葉酸は、水溶性であるため、尿、汗と共に体外に排出され、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。

それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。

葉酸を過剰に摂取すると、発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。

葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、提示された規定量を必ず守るようにしてください。

皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。

葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリで摂ることが望ましいです。

いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。

胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、妊娠3か月までだと言われていますが、母体にとっても欠かせない栄養素なんですよね。

こうした点から、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。