葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

赤ちゃんを待っている方、そして赤ちゃんがお腹に

赤ちゃんを待っている方、そして赤ちゃんがお腹にいる方にはビタミンの中でも、葉酸を多めに摂りましょう。

葉酸は他の栄養素と一緒に摂ることで胎児がすこやかに育つのを助け、細胞分裂を促進する効果があるのです。

その名の通り、葉物野菜やブロッコリー芽キャベツ、枝豆などにたくさん含まれますが、市販のサプリメントでも十分な量が摂れるので野菜をたくさん食べられない方やどうしても野菜が好きになれない方にはぜひとも使って欲しいものです。

妊活においては、女性側にばかり注目されやすいですが、夫婦ならば、女性のみならず男性も、ともに行っていくのが妊活です。

そういうわけで、男性の行う妊活としての毎日の食事に注目してみましょう。

妊活をしている男性にお勧めの栄養素というと、挙げられるものとしては、亜鉛アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などといったものがあります。

毎日の食事にこういったものを導入することを意識して、より妊活の成果を上げることを目指してください。

結婚したら、できるだけ早く妊娠したかったのですが、その手の本やサイトを調べたところ、葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると赤ちゃんの発育に良く、先天性障害の危険性を低下させる働きもあると、同じことが書かれていたため、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。

いつまで飲んだら良いのかも調べてみましたが、過剰摂取だけ気をつければ葉酸は子供にも母体にも必要だと書かれており、出産まで葉酸を摂ることに決めました。

妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も多いと思います。

ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。

そのため加熱調理してしまうと、葉酸が溶け出てしまっていることもあります。

葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不足している、という場合もあります。

葉酸サプリメントを、妊娠した妻が飲み始めました。

初めは静観していましたが、男性が飲んでも効き目があるのかと妻に聞いてみたら、「別のサプリメントを飲んだ方が良いんじゃない」と却下されました。

しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうとサプリを飲むようになりました。

飲んでしばらくしてから、次の日を気にせずお酒を飲めるようになり、悩んでいた口内炎ができにくくなったと思います。