葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

たくさんの女性が「自分のことを冷え性だと感じている」

たくさんの女性が「自分のことを冷え性だと感じている」というデータがあります。

妊活中の冷えは厳禁で、こういった冷えを改善させることも妊活においては大変重要です。

ということで、冷えを解消させるのに一役買うのが、腹巻や冷え取り靴下です。

実際、これらを使うようになって冷えが改善され、妊娠に繋がったという方も多数おり、簡便な方法であるにもかかわらず効果もある妊活だと思われます。

皆さんご存知のように、妊活中にコーヒーを飲むことはあまりお勧めできません。

というのも、カフェインを多く含んだコーヒーは摂取すると体を冷やしますから、妊活中は避けてた方が良いというのは、その通りでしょう。

でも、コーヒー好きで飲まないとイライラしてしまうという場合は、せっかくコーヒーを我慢しても、そのストレスが逆効果になりますから、1日あたり3杯を限度として楽しんだ方が、健康のためには良いと思います。

妊活は女性側が実践するものがよく紹介されています。

しかし、男性側にも実践していただきたい妊活があります。

それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。

不妊などの原因は女性の問題ばかりでなく、夫に問題があったという話も良く耳にします。

男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。

そのため、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。

これから妊娠したいと思っている方は葉酸を欠かさず摂ることが必要です。

最大の理由は、子供に起こる先天性障害の可能性を下げることが期待できるからです。

けれども、いくら摂っても良いわけではないことが気がかりな点です。

葉酸は過剰摂取すると、子供に喘息などが起きやすくなるという説もあります。

葉酸を摂るときは、過剰摂取にも配慮しましょう。

特に、妊娠中の方であればとても重要な栄養素の一つが葉酸です。

いわゆる緑の野菜には、葉酸が豊富に含まれています。

主な食材と言えば枝豆やほうれん草などが手に入りやすいでしょう。

ほうれん草はさらに、妊娠していれば、葉酸と一緒に摂りたい鉄分も豊富に含んでいるため、積極的に食べたい野菜の一つです。