葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

適切な葉酸の摂取の結果、お腹の中の赤ちゃんに

適切な葉酸の摂取の結果、お腹の中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が認められています。

ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生労働省が勧告しています。

実際に補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。

また種類によっては特定保健用食品に指定されているものもあります。

こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦が利用しているケースも多いそうなんです。

赤ちゃんが母体内で健康に育つために、葉酸は必要だとあちこちで聞かれますが、意識して妊娠前から葉酸を摂ることで受精率や着床率が上がるといわれているのです。

受精から着床を終えるまでの間に細胞分裂が盛んに行われるため、このときこそ葉酸が必要とされるのです。

このことを考えれば、お子さんが欲しい男女にとって葉酸は大事な栄養素であり、生まれてくるまでの赤ちゃんにとっても重要な役割を果たすものなので、赤ちゃんを授かる前から、授乳が終わるまで葉酸を摂ることが望まれます。

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり普段の食生活で摂れたら良いですよね。

葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。

このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのはちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリメント等を活用するのがおススメですね。

サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。

サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を摂取できます。

親友が妊娠したいと話していた頃によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。

彼女の話では、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。

妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安心できますね。

漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを妊娠できたので、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。

妊娠しにくい体質を改善する食品というと、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。

レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。

妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して食べたい食品に入ります。

しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、一つの食品群に偏らないことが健康維持にもつながるのも事実です。

逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は避けたほうが無難です。