葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠を計画している、妊活中の方にと

妊娠を計画している、妊活中の方にとって、健康維持と栄養補給を目的としたサプリは、さまざまなものが売られています。

どのようなものがお勧めかと言うと、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。

葉酸の成分には、貧血を予防する効果がありますし、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。

他には、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。

ですから、妊活中の夫婦それぞれに是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。

なかなか妊娠できないという人は、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。

基礎体温は運動などによる変化がありませんから、体の状態というのがよく分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。

基礎体温表は5分もあればつけられますが、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという決まりがあるので、それに従って毎日続けるのが大事です。

最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。

妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。

それというのも、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。

もちろん、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。

実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。

ですから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取をするのが良いでしょう。

いよいよ赤ちゃんが来たとわかったら、葉酸を意識して摂らなければなりません。

十分な量の葉酸を摂ることで、胎児の発育も促進されますし、母体の健康を助けるためにも欠かせないものなのです。

葉酸はどうしても、普段の食事だけでは十分に摂ることが困難です。

葉酸の不足を招かないためにはサプリメントなども活用しましょう。

ご夫婦が赤ちゃんを待っているとき、摂っておくと良い栄養素に葉酸が挙げられています。

ビタミンB群の一つである葉酸は、B群から独立してビタミンMとも言われることがあります。

造血のためには欠かせないビタミンとして知られていますが、全ての細胞が活発に増えていくために葉酸が必要不可欠のため、妊娠のためのビタミンと言われているのです。

葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、受精卵が着床しやすくなり、妊娠する確率が高くなります。