葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は妊婦に欠かせない栄養素だと誰でも知っていま

葉酸は妊婦に欠かせない栄養素だと誰でも知っていますが、葉酸を妊娠前から意識して摂ると受精率及び着床率が上がることが明らかになっています。

無事に着床して、妊娠が成立するまでの間は細胞分裂が活発なので、多くの葉酸を使わなければなりません。

ということは、妊娠の成立にも葉酸は必要になりますし、もちろん胎児の発育にとっても葉酸を欠かすことはできないので、子作りを決めてから授乳が終わるまでの期間、欠かさず葉酸を摂ってください。

葉酸はビタミンの一種であり、赤ちゃんにはとても大事な栄養素です。

母体内の胎児にとって葉酸が必要なのは有名ですが、無事生まれた赤ちゃんにも、お母さんにも摂って欲しい栄養素だと言えます。

葉酸は、細胞分裂が最も盛んな妊娠初期に特に必要になるため、妊娠したときのために、その前から葉酸を積極的に摂り続けると赤ちゃんの健やかな成長に役立つでしょう。

妊娠時に必要な量の葉酸を、食事だけで毎日摂るのは無理があるのでサプリなどを補助的に使って、必要な量を確保しましょう。

妊婦が葉酸を十分摂れなければ、胎児の発育に大きな影響が及ぶ危険性が増します。

代表的なのは神経管閉鎖障害と言われる先天性異常ですが、そうした神経系の障害を起こす結果になることがあり、障害が重いと無脳症になるため流産あるいは死産につながるのです。

こうした神経系障害を少しでも防ぐために葉酸は妊娠初期こそ強化して摂取するべきなのです。

妊活時にひときわ、気を付けたいことといえば、ストレスです。

ストレスによる筋肉の緊張は、全身の血液循環を悪くします。

それが原因で、妊娠に重要な役割を果たす卵巣や子宮の機能が落ちます。

もしも働いている女性で、ストレスが大きくかかり、生活も不規則だという方はこの際、休職してしまうことも考えてみてはどうですか。

最近、葉酸が身体に良いと言われるようになり、不足するよりは多く摂った方が良いと何となく思ってしまう方もひょっとしたら身近にいませんか。

いくら葉酸は水溶性で尿中に排出されると言っても、上限を超えて大量に摂ると体のあちこちで悪い作用をします。

例を挙げれば、発熱やじんましん、かゆみなどで、呼吸障害にまで至る重篤なケースも見られます。

成人の場合、1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限なので、超過にはくれぐれも気をつけてください。