葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

第一子がなかなか出来ず、不妊治療に

第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。

不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。

健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、出来ない時は出来ないのだと感じました。

友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。

病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤の服用を始めると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。

薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。

一刻も早く子供を授かりたくて妊活を行う時、栄養をしっかりと取ることは重要です。

「太り過ぎ」までいくと問題ですがダイエットはやめておいて、きちんと栄養を摂るようにしましょう。

間食は栄養を摂る目的と捉え、度を超えて食べることをしなければストレスを緩和するのにも適しているでしょう。

友達の話ですが、妊活していた頃の話だったと思いますが、よく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。

その子の話によると、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。

漢方だったら飲むことに抵抗がありませんね。

彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、命を授かることが出来ました。

彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、本当によかったと、私も嬉しく思っています。

いつ妊活を始めたらよいか、悩んでいる女性も相当数いると思います。

この答えは、未婚か既婚かは関係なく、いずれ出産したい女性ならば、いつからであっても始めていいものです。

一般的には、妊活イコールすぐに妊娠するためのものと思われがちですが、体をより妊娠しやすい状態に近づけるために行う活動を言うのです。

なので、たとえいつ始めたとしても、早いということはないと思います。

一見すると無関係なように感じますが、「妊娠」そして「歯の健康」という二つの事柄の間に、密接な関わりがあるのです。

近年の研究により、自覚なく多くの人が罹病している歯周病の影響によって早産であったり、低体重児であったりのリスク因子であることが明らかになったのです。

治療の中には、妊娠中には避けた方がよい方法もあります。

今、妊活中の方で、ずっと歯医者さんに行っていないという方は早いうちに治療を受けた方がいいと思います。