葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

日々忙しく暮らしている妊活真っ只中の女

日々忙しく暮らしている妊活真っ只中の女の方に妊活アプリが高評価を得ています。

面倒な基礎体温の記録ができたり、大体の排卵日の予想までしてくれたりと上手にアプリの機能を活用すれば妊活に役立てることが可能です。

女性のみならず、数は少ないものの、男の方の使用を意図としたアプリまで作られています。

うっかり忘れやすい妊娠の確率が高い日を知らせてくれる機能があるので子作りのタイミングを自然に男性の方に分かってもらえるでしょう。

栄養素の中でも、妊婦には葉酸が必要だということがずいぶん定着してきました。

母体内の赤ちゃんの発育を促すためだけではなく、妊娠中の女性の健康を維持するためにも摂取したい栄養素として、葉酸の重要性が高まっています。

一番必要なのはいつなのかと疑問を抱く方もいるでしょう。

妊娠直後が、葉酸を最も必要とする時期です。

そして、授乳するときも意外と多くの葉酸が使われるので、妊娠中とほぼ同じ量が摂れるよう努めてください。

ビタミンの中でも、妊娠中に特に重要な葉酸が、ゴーヤーに豊富に含まれています。

妊娠中、葉酸を摂るために上手にゴーヤーを食べて欲しいと思いますが、たくさん食べれば良いというものでもありません。

どんなに身体に良いものであっても、過剰に食べると胃もたれ、下痢など、辛い症状が出てくることもあるようです。

そうした消化器系の不調は母体だけでなく胎児にも良いことではありません。

妊娠中の全期間を通して順調に赤ちゃんが育つようにするためぜひ摂りたい栄養素は「葉酸」です。

その名「葉」の通り、葉物野菜、例えばキャベツやレタスから多量に摂取できると考えられますが、果物にも案外豊富に含まれ、イチゴを100g食べれば、90μgの葉酸が摂れます。

妊娠中は、通常のほぼ倍にあたる量の葉酸を必要とするので葉酸が豊富な食材について調べ、毎日の食事で過不足なく摂ることを目指しましょう。

煙草を吸う事は、妊活中に最もやってはいけないことの一つです。

もうご存知とは思いますが、煙草を吸う事で様々な悪影響が体に与えられ妊娠に適さない体になりやすいのです。

喫煙の影響は女性だけの問題ではなく男性にも該当します。

煙草による障害の発症として、女性の場合は排卵障害ですとか、男性に関しては精巣機能が低下するといった報告がされています。

妊活中の場合は夫婦で禁煙し、身近な人の副流煙を吸わないよう、周りの協力を仰ぐのが良いでしょう。