葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助ける

妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。

とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが適切な摂取方法だと言えます。

サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。

葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。

普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の働きが活性化します。

逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。

ですから空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。

むかし流産しています。

その時は自分を責めて苦しかったのですが、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、もう一度、チャレンジしてみようと妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。

今回の妊活では体づくりにも注意しました。

冷え性を改善するために運動することを思いつきました。

結果は、意外とうまくいきました。

新陳代謝が上がったため、低かった基礎体温が上がり、冷え性が改善したんです。

ビタミンの中でも、妊娠中に特に重要な葉酸が、ゴーヤーに多いとされています。

妊娠中、葉酸を摂るために旬のゴーヤーは食べて欲しいものですが、どんなに食べても良いというわけではないのです。

ゴーヤーばかりを食べ過ぎると、お腹にもたれたり、お腹を下したりといった不調が出る可能性もあります。

そうした消化器系の不調は胎児にとってもストレスになるでしょう。

妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。

ですが、他にも亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。

なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。

このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。

男性が摂取した場合、健康的な精子の増加をサポートする効果があるのです。

妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。

今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を試してみてください。

ほんの少しでも早い時期に子供が欲しいと妊活する場合、栄養は最も重要です。

太ってしまってはだめですが、美容のためのダイエットはいったん中止して、体に必要な栄養を摂りましょう。

おやつも栄養補給のために食べると思えば良いですし、度を超えて食べることをしなければストレスを解消するという意味でも適しているでしょう。