葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

人間にとって、葉酸は他のビタミン

人間にとって、葉酸は他のビタミンと同様、欠かすことができない栄養素です。

ほとんどの方は食事だけで必要な葉酸が摂れているようですが、特に妊娠初期に葉酸を摂ることは、胎児の発育にとって重要なので必要な量の葉酸が毎日摂れるようでないと深刻な葉酸不足を引き起こすかもしれません。

葉酸を強化して摂るために、サプリメントなどをいつから飲めば良いかとなりますが、妊娠したとわかったときから、すぐ始めるのが一番良いとされます。

理想的には、妊娠を希望したときから摂っていって欲しいという説もあるので、どんなに早く葉酸を摂り始めても問題ありません。

洋食のみならず、和食でも使われるようになったアボカドは実にクリーミーですが、ビタミンB群の一つ、葉酸が豊富な食材です。

毎日健康に過ごすために、葉酸の摂取は大事な役割を果たすものです。

鉄分とともに貧血防止に役立つ、また子供がお腹の中にいる間、子供に栄養が十分行き渡るようにして発育を促すなど、生涯にわたって必要な栄養素です。

妊婦になってから少し時間が経って、所要量の葉酸が摂取できていないとわかったら葉酸摂取を早急に始めなければなりません。

胎児が母体内で順調に育ち、無事生まれてくるにはとても重要な役割を果たすのが葉酸です。

所要量の葉酸が摂れておらず、これまでより多くの葉酸を摂る必要を感じたら気がついたら早急に妊娠中に必要な量の葉酸を摂るよういまできることを一つずつやっていくべきです。

赤ちゃんを待っている方はいろいろな栄養素の中でも、葉酸を摂り続けることが大事です。

その重要な理由としては、妊娠初期に先天性の障害が起きる危険性を下げることが期待できるからです。

ただし、過剰摂取したときの影響が心配されます。

葉酸の過剰摂取によって、出生後、喘息の発症を招くことがあります。

葉酸を摂るときは、過剰摂取にも配慮しましょう。

妊娠がわかった直後から葉酸サプリを飲み続けていました。

無事に妊娠初期を過ぎた頃に赤ちゃんが大きくなるためにはカルシウムも必要だと気づき、毎日たくさんの牛乳を飲みました。

妊娠がきっかけだったのか、牛乳が合わない体質になっていたようで激しい下痢になってしまいました。

そして、妊娠後期に入ると、鉄欠乏性貧血ということで産院で出された鉄剤を飲むことになりました。

それなら妊娠初期からカルシウムや鉄分が配合された葉酸サプリを選んだ方が正しかったのかなと思います。