葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸

近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、胎児の先天性神経管異常の発症リスクが減少することが判明しました。

そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が推奨しているんです。

今では補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。

また種類によってはトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦が利用しているケースもよく耳にします。

赤ちゃんが母体内で健康に育つために、葉酸は必要だと知っている方が多くなりましたが、葉酸を妊娠前から意識して摂ると受精率と着床率のアップにつながることが判明しています。

妊娠成立時はもちろんのこと、その前の着床時にも細胞分裂は活発になるため、ここでも大量の葉酸が必要になるわけです。

ですから、妊娠するまでの間にも葉酸はたくさん必要であり、もちろん胎児の発育にとってもたくさん必要な栄養素のため、赤ちゃんを授かる前から、授乳が終わるまで葉酸を摂ることが望まれます。

不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。

生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。

早く赤ちゃんを望む周囲の期待や過度な緊張感が不妊治療中のストレスとなるケースもしばしば見られ、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。

周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが大事かもしれません。

少しずつ暑さが増してくると知らず知らずのうちによく冷えた飲み物が欲しくなりますが、女性の中でも妊活をしている方は極力冷たい飲み物は避けた方が無難でしょう。

それとは逆に、温かい物を飲むようにすれば血の巡りがよくなって、妊娠しやすくなれるでしょう。

その他の生活全般においてもいつも体を温かくするよう気を付けましょう。

妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、いかに大切な栄養素であっても、摂取する量には気を配ってください。

特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。

ですから、過剰摂取に陥らないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。

葉酸を摂りすぎると、胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。

胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。