葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中は日常の飲み物にも気を配る必要があります。多く

妊活中は日常の飲み物にも気を配る必要があります。

多くの方が疑問に思うのは、コーヒーを飲んでも良いかという事ではないでしょうか?カフェインを多く含んだコーヒーは摂取すると体を冷やしますから、体の冷えが禁物の妊活中には飲まないようにした方が良いと言えます。

とはいえ、普段からコーヒーを愛飲していて飲まないとイライラしてしまうという場合は、結果的にストレスがかかって妊活に悪影響ですので、1日に2、3杯のコーヒーを飲む方が、ストレスが厳禁な妊活には良いでしょう。

葉酸が豊富な食材というと可食部あたりの含有量で言えば、レバーや枝豆が豊富ですが、たくさん葉酸を摂るための目的で、葉酸の多い食材にこだわって食べるのも普通の人には耐えがたいことでしょう。

誰にでもできる葉酸の摂取方法として、手軽なスムージーも良いでしょう。

普通のスムージーと同じ作り方で、ミキサーの中に葉酸を含む野菜の他、りんごなどの果物、そして水分を入れるだけで、あっという間に仕上がってしまうのです。

野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜の野菜です。

妊娠後、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるそうです。

とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。

そんな時には他の食材で補っても構いません。

例えば納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をお勧めします。

葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。

食品の中でも、葉酸を強化したものには目立つところに特定保健用食品のマークがあるはずです。

皆さんもどこかで見ているはずのマークは、消費者庁が個別の審査を行い、食品が認可されることで、特定保健用食品の名称とマークの使用が許されるのです。

食品のどこかに特定保健用食品のマークがついていれば消費者庁の基準を満たした食品であることの明示になっており、葉酸を強化した食品を選びたいときにも一つの判断材料にしてほしいものです。

暑くなってくるにつれ、何気なく「冷たいものが飲みたい!」と思ってしまうことが多いですが女性の中でも妊活をしている方は出来る限り体を冷やす飲み物は避けるほうがベターだと言えるでしょう。

それに対して、ホットな飲み物をとることは妊活にもプラスになります。

生活全般で常に体を温めることを意識しましょう。