葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

健康な赤ちゃんを産みたいなら、妊娠前であっ

健康な赤ちゃんを産みたいなら、妊娠前であっても、妊娠中であってもなるべく、体に悪い影響をもたらすものを避ける必要があります。

そういうわけで、妊活中の煙草は厳禁です。

タバコは「嗜好品としてのリラックス効果」というものはあっても、体にいいものではないことは確かです。

喫煙習慣のある方は、妊活だけでなく、禁煙も行ってください。

いろいろと辛いことも多いので、妊活をしている間は、心身ともにダメージを受けやすい状態にあります。

妊活も長くなってくるとうつ状態に陥ることもあります。

妊娠するにはストレスを取り除くことが第一です。

事実、不妊治療をしなくなって心配事が消え、すぐ妊娠できたという場合も多いです。

必死に妊活をすることで、心配事を増やしてしまう事がないように意識的にストレスを解消しながら続けましょう。

水溶性で熱に弱いというのが葉酸の特長であり、食事だけで所要量を確保しようと思うと大変ですから、サプリメントなども飲んでいった方が良いのです。

市販の葉酸サプリメントもたくさんの種類がありますが、製造過程で非加熱のものを探すことがポイントの一つに挙げられます。

自分の身体を作る栄養素を選ぶのですから、人工的な合成品を原料として使っていないこと、必要のない添加物がないことなどと、安全性にも配慮して選べれば理想的です。

葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、造血作用を高める効果があります。

さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠確率が上がるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。

葉酸で血液が増産されると、血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能そのものが底上げされ、不妊治療に役立つのです。

私の話なのですが、妊活をしていた当時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

長男が生まれていましたから、女の子が欲しいと主人と話していたからです。

本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けを実践していました。

妊娠した時は、産み分けの事がありましたから赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待と不安でドキドキしていました。

結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。