葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊婦にとって葉酸の摂取は、胎

妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。

とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取がお勧めです。

では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。

普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の働きが活性化します。

それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。

女の子を授かることを目指し、いろいろな本やサイトで、男女の産み分けを徹底的にチェックしたのです。

草食で女の子、肉食で男の子など、真偽のほどはわからないのですが、自分たちでできることは全て試しましたね。

そのうちに新しい命が授かり、重いつわりで食べられなかったときもサプリメント葉酸を摂っていたためか無事生まれてきたのは女の子でした。

葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。

しかし、もし葉酸が不足してしまった場合、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。

実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。

そのため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天的な障害を発症しやすくなると報告されています。

ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。

特に、妊娠中の方であれば葉酸の摂取はとても大事です。

他のビタミンと同様、葉酸は葉物などの野菜に含まれることが多く、特に含有量が多い食材としては枝豆、ほうれん草などです。

そして、ほうれん草ならば、母体と胎児のため、葉酸とともに摂取したい鉄分を多く含有する食材であり、野菜の中でも、おすすめできるものです。

妊婦が葉酸を十分摂れなければ、胎児に異常や障害が起こる原因となる危険性が増します。

神経管閉鎖障害は先天性障害の一種ですが、その異常を引き起こすことがあって、重篤なケースでは無脳症になり流産、死産という結果をもたらします。

このような障害のリスクを下げるために、葉酸は妊娠初期こそしっかり摂っていくことが必要です。