葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

お子さんをほしがっているご夫婦に、葉酸

お子さんをほしがっているご夫婦に、葉酸の効果が注目されています。

大別すると葉酸はビタミンB群の一つですが、独立したビタミンMとする分類法もあります。

赤血球を作るのに役立つだけでなく、細胞分裂を盛んにするためにもなくてはならないビタミンなので、妊娠するためには夫婦どちらにも重要です。

子宮内膜を厚くするためにも葉酸は欠かせない栄養素で、受精卵が着床しやすくなり、着床して妊娠するのをスムーズにしてくれます。

どうして貧血になるかというと摂取よりも消費される鉄分が多いからだと思う方が多いかもしれませんが、実は、貧血の原因は多様で鉄分の摂取不足のみが原因だとするのは間違いです。

鉄分だけでなく、葉酸の不足による貧血もかなり見られ、薬などによる鉄分摂取だけでは、貧血の改善が見られないとすれば葉酸の摂取も試してみるとヘモグロビンを多く含んだ赤血球が増える可能性もあるでしょう。

不妊症が分かって妊活に入っていくケースでは、なかなか結果が出ないと、心身ともに耗弱してしまいます。

ですから、何年と期間を決定して、何が何でも夫婦で足並みそろえてがんばろうと最初にしっかり話し合っておくことがベストでしょう。

期間を定めておくことによって、2人で考えて出した答えだから決して諦めないで、がんばっていこうと前向きに気持ちを持続させることができるはずです。

妊活中の方は、薬の服用には注意が必要です。

一般に販売されている胃腸薬や痛み止めの類は問題になる事は少ないのですが、確認が必要になるのは元々病院から処方されていた持病の薬を服用することだそうです。

しかし、服用によるリスクを抱える事に変わりはないので、市販薬や処方箋に限らず、服用する場合は妊活している事を専門家に伝えてから服用するのが安全で安心な方法だと言えます。

妊活をしている時は体を温めるものを選んで食べるようにしましょう。

野菜の中でもとりわけ、大根、ごぼう、人参のような根菜類は、体を温めてくれる作用があるので、いいでしょう。

それとは逆に、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの夏に収穫される野菜類です。

果物の場合はデザートに少量食べるのはまだいいですがミキサーなどでジュースにすると多めに飲んでしまいがちで体を冷やすことになりかねないので飲み物は温かくして飲むことをお勧めします。