葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

下の子が出来ることを焦らずに希望し

下の子が出来ることを焦らずに希望してから3年たった後も妊娠に至らずだったので、自分か主人のどちらかに健康状態に問題があるのでは、と疑いだしました。

長女を育てるためにも元気でいなければいけませんので、この際だから徹底的に検査を受けて、問題なしであれば妊活に入りましょうと夫婦間で合意したのですが、ふと考えるとこの話し合いが妊活を決めた瞬間になります。

水溶性ビタミンとして、葉酸はどうしても水に溶けやすいのです。

加えて、熱に弱いという特徴も持っているため、水に長く浸したり、長い時間加熱したりすれば摂れる量は半分以下になってしまうこともあります。

とはいえ、加熱しない野菜などをたくさん食べ続けるのは実際にはとても無理です。

それならば、調理するときには長時間加熱しないなど気を配るのが食事の中で葉酸を摂取するために大事ですね。

不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。

体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。

妊娠を望む家族の声や、焦りといった感情が不妊治療中のストレスとなることもあり、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。

穏やかな気持ちで治療を続けることは妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。

妊活で大切なこと、それは基礎体温を測るということです。

基礎体温を測っていれば、身体の状態の把握が可能となり、妊娠可能な状態かどうか、妊娠の可能性の有無や、排卵日の大体の予測など重要なことがわかるのです。

それから、基礎体温はどういうものかというと、朝起きてすぐに検温することで調べることが出来ます。

当然ですけど、妊娠または出産とは、夫婦の共同作業によってもたらされる結果です。

ということは、妊活における男性の役割は大変重要だということを表しています。

子供を産むのは女性だからといって、ひょっとすると、主体的に女性が行うことと思われがちですが、夫婦ともに協力しなければ妊娠の可能性は下がってしまうでしょう。