葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

毎日葉酸を摂取するといっても多くの

毎日葉酸を摂取するといっても多くのやり方が考えられます。

一番手軽なのは日々の食事から摂取することです。

そうは言っても、熱に弱いのが葉酸の特長なので妊産婦に必要な量の葉酸を摂れるように食べていくのは毎日のことなので、相当がんばらないといけません。

葉酸を効率よく摂取することを考えても、上手にサプリメントなどを取り入れていきましょう。

食事の後に服用できれば、最も効果的だといわれています。

意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。

亜鉛が卵巣に働きかけ、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。

妊娠を希望している女性だけでなく、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。

健康的な精子の増加をサポートしてくれるのです。

亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。

ぜひご夫婦で亜鉛摂取を始めてみてください。

栄養素の中でも、葉酸は子供の発育のため、妊娠初期から継続して、毎日欠かさず摂ることを求められる栄養素です。

本当にたくさんのメーカーで葉酸の入ったサプリメントや薬を売っていますが、購入時に気をつけなくてはならないのは全ての成分をチェックすることです。

普段なら何でもないようなものにも影響を受けるのが妊娠初期なので添加物や香料が最小限に抑えられた、できれば無添加の身体に余計な負担のない製品を選ぶべきです。

私の考えでは妊活中は是非カイロを使ってほしいです。

靴下の2足ばき、分厚いインナー、などなど努力しても、私は冷え性持ちなのですぐ体が末端から冷たくなってしまう、ということを繰り返していました。

これでは妊娠しにくいのも当たり前ですよね。

それでも、カイロを使うことによって、冷え性が改善したのです!皮膚に直に貼ってしまうのはNGですが、肌着や腹巻きの上から貼る使い方なら、妊活にたいへんおすすめです。

妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されている事をご存知ですか?葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、適切に摂取を続けることで、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。

胎児の健康を考えて、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も葉酸を摂った方が良いと思います。