葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

一般的に、妊娠中は当然のこととして、

一般的に、妊娠中は当然のこととして、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、日々の生活に追われていると、十分に摂取できないという悩みも良くあると思います。

そんな不安を解消してくれるのが葉酸サプリを飲む事なんです。

葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。

ですから、普段の食事で十分に摂取できているのか不安な方も安心できますよね。

早くお母さんになりたかった私は、何冊かの女性誌の特集記事で葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると障害の発生予防や発育の促進に役立つと、共通して書かれていたため、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。

後で、妊娠何週目まで葉酸を摂った方が良いのか確認しました。

一度に摂りすぎると悪影響もあるようですが、そこに気をつければ赤ちゃんの発育にも母体にも、葉酸はずっと必要だと書いてあったので、今のサプリメントを出産まで飲もうと思っています。

次は女の子が欲しいと決心してから、どうやったら産み分けができるのか、本やサイトをとことん調べました。

例えば、野菜はアルカリ性なので女の子、肉を食べると血液が酸性になって男の子が生まれるなど本当に産み分けができるかは何とも言えないようですが、可能な限りの方法を試してみました。

産み分けを実行している途中で赤ちゃんがお腹にいることがわかり、普通の食事をとれなかったときもサプリメント葉酸を摂っていたためか無事生まれてきたのは女の子でした。

どんなビタミンもそうですが、葉酸も人には欠かせないものです。

ほとんどの方は食事だけで必要な葉酸が摂れているようですが、特に妊娠初期に葉酸を摂ることは、胎児の発育にとって重要なので所要量の葉酸を毎日しっかり摂らないと葉酸が足りないことになってしまいます。

それなら、いつからサプリメント類を飲むのかと思うでしょうが、お腹に赤ちゃんがいることがわかったらすぐ始めれば最も効果があります。

できることなら、妊娠を考えているときから摂るのが望ましいなどと言われることもあり、まだ葉酸の摂取には早い、とは言えないのです。

今のところ、日本では先天性奇形の発生率が全国の出生数に対して、平均4%と言われます。

考えられる要因は、高齢出産、ウイルス感染などですがある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素が葉酸だといえます。

とりわけ、胎児が細胞分裂を盛んに行っている妊娠初期の葉酸摂取はとても大事であり、言ってみれば、葉酸こそ妊婦にとって絶対欠かせない栄養素と言っても問題ないと思ってください。