葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠した女性は、葉酸をしっか

妊娠した女性は、葉酸をしっかり摂らなければならないというのはもはや常識ですが、妊娠前に葉酸を摂取すると受精率と着床率のアップにつながることが判明しています。

受精してから完全に着床するまでには活発な細胞分裂を行わなければならないので、多くの葉酸を使わなければなりません。

なので、妊娠を希望する方にも葉酸は欠かせない栄養素で、お腹の中で胎児が健康に育つためにも出産まで必要になってくるものですから、妊娠を望んだときから、授乳終了までの間、葉酸の摂取を続けることがベストだと言えます。

妊婦にとって必要な栄養素はたくさんありますが、そうしたものをまとめて摂取できる総合サプリの代表的なものは、育児や赤ちゃん製品で有名なピジョンのサプリでしょう。

ピジョン葉酸サプリは幾つかの種類があります。

殆どの製品が葉酸だけでなくカルシウムや鉄分、ビタミンなど、不足しがちな成分が一錠にまとめて詰め込まれています。

複数のサプリを飲む必要が無いので、手軽にすべての栄養素を賄えるので、おススメです。

また、面倒な摂取量の計算も必要なくなるため便利です。

ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。

葉酸は妊娠初期に多く摂らなければならないというのは広く知られてきたことですが、本当のところ、妊娠中期や後期になっても赤ちゃんにも母体にも葉酸が欠かせない栄養素の一つなのです。

妊娠後期まで葉酸を摂ることで、赤ちゃんは発育が促され、お母さんも貧血や妊娠中毒症を防ぐことにつながります。

妊娠初期だけで終わらせるのではなく、出産後、授乳が終わるまで葉酸を必要量は確保して欲しいと思います。

少子化が深刻化するにつれて、赤ちゃんの性別を産み分けるということを考える夫婦も増加しているようですが今日の日本の医学においてまだ確実に産み分けが出来る方法は見つかっていません。

そういった現状を分かった上でそうは言ってもやはり挑戦してみたいという事であれば、次に書く方法を試してみてください。

それはどういう事かというと、男の子がいいなら排卵日の当日に、女の子がいいなら排卵日の2,3日前、性交渉を持つことが効果があると言われているようです。

葉酸は加熱によって失われやすいため、食材を調理して摂取しようと考える場合には注意してください。

出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱調理が避けられない場合にはぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。

しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな時は葉酸サプリで摂取するのが簡単ですから、おススメです。