葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、

葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も大勢居るのではないでしょうか。

実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が足りないという事もあるので、注意が必要です。

少しずつ暑さが増してくると知らず知らずのうちによく冷えた飲み物が欲しくなりますが、妊活を行っている時は普段以上にできるだけ体の熱を奪うような飲み物は飲まないようにした方がいいと思います。

それとは逆に、温かい物を飲むようにすれば妊活にもプラスになります。

飲み物のみならず、生活全体を通して日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。

煙草を吸う事は、妊活中に最もやってはいけないことの一つです。

もうご存知とは思いますが、煙草を吸う事で人体に有害な作用によって健全な妊娠に差し障る場合があります。

喫煙による妊娠への影響は女性に限った話ではなく男性にも当てはまるのです。

喫煙による影響で言うと、女性の場合は排卵障害、男性の場合は精巣の機能が落ちるといった事があるようです。

これらのことを考慮して、妊活している方はご夫妻で禁煙するのがおススメです。

妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも摂取が勧められているほどです。

サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。

とはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方も多いと思います。

もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。

葉酸はほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。

ですから、サプリによる摂取が無くても普通の食生活を送っていれば、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。

妊娠中の女性にとって、葉酸の欠乏は赤ちゃんの順調な成長が妨げられるリスクを高めてしまいます。

代表的なのは神経管閉鎖障害と言われる先天性異常ですが、そうした神経系の障害を招いてしまうこともあり重篤なケースでは無脳症になり流産や死産に至ります。

そのような障害を引き起こすリスクを低下させるため、妊婦になったら、一日でも早く葉酸を意識して摂ることが望ましいのです。