葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠したら葉酸を多く摂った方が良いという

妊娠したら葉酸を多く摂った方が良いというのはもはや常識ですが、意識して妊娠前から葉酸を摂ることで精子卵子が出会い、受精する確率と、受精卵が着床する確率が上がることも事実なのです。

受精してから完全に着床するまでには活発な細胞分裂を行わなければならないので、このときこそ葉酸が必要とされるのです。

このことを考えれば、お子さんが欲しい男女にとって葉酸は大事な栄養素であり、もちろん胎児の発育にとってもたくさん必要な栄養素のため、赤ちゃんを授かる前から、授乳が終わるまで葉酸を摂ることが望まれます。

妊娠中の女性は、望ましい葉酸の摂取量が妊娠していないときより多めとなり、倍近い480μgの摂取が不足にも過剰にもならない量です。

しかし、どんなに重要な栄養素であっても、葉酸の摂りすぎには十分注意してください。

大量の葉酸を摂り続けると発熱や身体のかゆみと言った症状を起こしてしまうこともあります。

たくさん摂れば良いというものでもないのです。

妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。

副作用として体にあらわれる症状としては、吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。

神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。

葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、気をつけましょう。

理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。

しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。

サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついて管理しやすい為、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には大変便利だと思います。

食事の中から葉酸を摂る場合、葉酸が多く含まれる食材として葉物野菜の他、レバーや枝豆などが挙げられますが葉酸をたくさん摂るためだけに葉酸の多い食材にこだわって食べるのもちょっと考えられない話です。

上手に葉酸を摂れる方法の一つにスムージーがオススメです。

作り方は簡単で、ミキサーに葉酸が多い野菜や飲みやすいようにりんごなどの果物、水分を入れれば良く、水溶性で熱に弱い葉酸を手軽に摂れるスムージーができあがります。

身体に良いといわれるビタミンの一つが葉酸で、とにかくたくさん摂れば良いと大量摂取に走る方ももしかしたらいるのではないでしょうか。

他の栄養素と同じように、葉酸の過剰摂取は副作用として、全身症状を起こすことがあります。

大抵は一時的な発熱やじんましんなどの症状ですが、人によっては呼吸障害を起こす重篤な例もあります。

1日あたり1000μgが、葉酸を摂れる上限であり、それ以上摂らないように加減しましょう。