葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言

皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。

厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は大変重要な栄養素の一つです。

それでは、もし葉酸が不足したら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。

葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天異常を発症する可能性があると知られています。

ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、より積極的な摂取が求められます。

妊活を行っている女性は日常的に飲む飲み物にも配慮しましょう。

よく飲み物に含まれているカフェインですが、着床を妨げたり、体を冷やす要因にもなるので飲まない方がいいでしょう。

体を温めるお茶で、しかもノンカフェインのものが最適です。

具体的には、ミネラル分をたくさん含むルイボスティーや、漢方薬として使われることもあるたんぽぽ茶などが良いと思います。

栄養素の中でも、妊婦には葉酸が必要だということがすっかり一般的になりました。

母体内の赤ちゃんの発育を促すためだけではなく、母体の健康を保つという観点からも摂取したい栄養素として、葉酸の重要性が高まっています。

どの時期に、葉酸が最も必要になるか聞かれるとなかなかわからないものです。

赤ちゃんが葉酸を一番必要とするのは妊娠直後です。

そして、授乳するときも意外と多くの葉酸が使われるので、妊娠中とほぼ同じ量が摂れるよう努めてください。

流産や胎児の先天性異常との関係も指摘されており、妊活の必須アイテムとも言われるのが葉酸です。

継続して葉酸サプリを飲んだ場合の効き目は簡単な血液検査を受ける事で確認することができます。

さらに、葉酸のほかに注目しておきたい検査結果の値としてはビタミンB12の値があります。

というのも、ビタミンB12は葉酸と関係があって、葉酸の過剰摂取のせいで、ビタミンB12が欠乏しても目立ちにくいといったケースがあるようですから、ビタミンB12のチェックも怠らないようにしましょう。

一般的には、布ナプキンだと、洗濯の手間や、漏れの心配などがあり心もとないという人が多いと思います。

けれど実は、布ナプキンというものは下着と同じで、布でできているので、ムレやかゆみの不快感が消え、温かさを感じることができます。

このことから、ストレスを減らし、体を冷やしにくくするという女の人(妊活中に限らず)には最も重要な子宮内の環境を改善させるのに効果的です。