葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取

ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することでお腹の中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが明らかになりました。

このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。

実際に葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品に指定されているものもあります。

こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦が利用しているケースも多いです。

妊活中の方は、薬の服用には注意が必要です。

ドラッグストアや薬局で購入可能な鎮静剤や胃腸薬の類の場合、服用しても大丈夫です。

その一方で注意すべきは持病の治療のために医者から処方された薬を飲むことだそうです。

とはいえ、服用によるリスクを抱える事に変わりはないので、薬の種類に限らず、医師や薬剤師といった専門家に確認をするのが安心だと思います。

マカというものがあります。

これは、男性のスタミナをアップさせるという作用があるものなのですが、その他にも期待できる効果があります。

妊活をしている女の人の体の中の血液の巡りを良くしてくれるような作用があるため、体を妊娠しやすい状態に整えられます。

そして、ホルモンのバランスを良くする効果も期待できますから、基礎体温の乱れがなくなり、安定したコンディション作りに一役買います。

考えればわかることですが、妊活にとって全身状態が健康であるということは前提条件と言えます。

その為に重要視すべきことは、栄養バランスを保つことと、適度に体を動かすことです。

適正体重をキープすることも意図していますが、体の中の血の巡りを良くすることで摂取した栄養分が運ばれる際に、円滑に行き渡りやすくなるということも大きな意味を持ちます。

例えば、軽くウォーキングをすることなんかいいと思います。

お腹に赤ちゃんがいることを知ってからしばらく経って、十分な量の葉酸が摂れていないと感じたなら手遅れと言うことはありません。

早急に手を打ってください。

母体内での胎児の発育を促し、無事生まれるようにするには妊娠期間中ずっと、葉酸を摂り続けることが望ましいのです。

様々な理由で葉酸がきちんと摂れていなくて、葉酸不足の心配があれば、どんな手を使ってでも不足分を補う量の葉酸を摂るように対策を考え、手を打たなければなりません。