葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

大抵の場合、妊活と言いますと、女性

大抵の場合、妊活と言いますと、女性が主体的に行うことと考えられがちですが、夫婦において、女性のみでなく男性も一緒に妊活を行うものです。

そういうわけで、男性の行う妊活としての食事の改善について考えてみます。

妊活中の男性が摂るべき栄養素として、挙げられるものとしては、亜鉛アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などといったものがあります。

こういった栄養素を毎日食べるようにして、妊娠の確率をより上昇させませましょう。

とりわけ妊婦の場合、順調に赤ちゃんが育つようにするため「葉酸」を、多く摂って欲しいのです。

何といっても「葉」なので葉物野菜、例えばキャベツやレタスから多量に摂取できると考えられますが、供給源として重要なのが果物で、イチゴ100gで、葉酸が90μg摂取できます。

葉酸は妊娠中、通常の倍近い量を摂らなければならないため何が葉酸を多く含んでいるか知っておき毎日の献立の中に上手く取り入れてください。

生まれてくる赤ちゃんの健康のために、葉酸は妊娠初期から継続して、毎日欠かさず摂る栄養素の一つです。

本当にたくさんのメーカーで主要成分として葉酸が入ったものを販売していますが、注意しなければならないのは、買うときに全ての成分をチェックすることです。

妊娠初期に口にするものは気をつけなければならないので不要な添加物や香料が入っていない安心して摂れる製品を選んでください。

妊活を行っている時は食べ物は、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。

野菜のうち、大根やゴボウや人参のような根菜類の場合は、体を温める作用があります。

それに対して、身体を冷やしてしまうとされる野菜は、キュウリやナスやトマトといった旬となる時期が主に夏の野菜です。

また、果物はデザートとして少しの量を摂るだけならいいですがジュースにして飲むとついついたくさん飲んでしまい、体の冷えに繋がるので、飲み物は温かくして飲むことをお勧めします。

水溶性ビタミンとして知られる葉酸はどうしても水に溶けやすく、一度にどっと摂取しても吸収されることなく、体外に尿と一緒に排出されることも多いのです。

葉酸サプリメントなどから摂取する場合も、その性質を考えて、一度に大量に飲むのではなく時間をおいて飲んだ方が良いと念頭に置いておいてください。

毎日の食事だけで必要な量を摂ろうとすると、かなり難しいのが葉酸の特長なので、強化して摂りたいなら特に、できるだけ効率よく栄養素として使われるように頭を使うべきです。