葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸こそ、お腹の赤ちゃんが育つ

葉酸こそ、お腹の赤ちゃんが育つために必要量を確保しなければならない栄養素とかなり知られるようになりましたが、そもそも熱によって分解されやすい栄養素なので、葉酸を十分に摂ろうと思ったら、食事のみだと毎日のことですから、けっこう大変でしょう。

調理の際に失われる葉酸を最小限にする工夫を知ることも大事だと思いますし、サプリなどを併用して効率よく摂ることも一度は検討するべきです。

近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。

葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素なんですよね。

日常の食生活で十分な葉酸を摂れるのならば問題ありませんが、つわり等で体調が優れない時には、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも辛い時もありますよね。

そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、サプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで不足しがちな葉酸もちゃんと摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。

サプリメントや錠剤にもなっている葉酸は妊娠初期に多めに摂ると順調に胎児の細胞分裂が進むなど順調な発育を促す作用があることが通説になっています。

葉酸といえば、ブロッコリー、アスパラ、枝豆、そしてほうれん草などの葉物にたくさん含まれていて、より手軽に摂取するためにはサプリメントも多数ありますから、女性は妊娠を考えたときから、妊娠中まで、毎日摂り続けてほしいものです。

妊活中であっても、コーヒーのようにカフェインが入ったものが好きで、飲み続けている方は注意が必要です。

カフェインには体を冷やしてしまうという効果を持ちます。

体が冷えることによって血液循環が悪くなると、子供を授かるのに大きく関わる子宮の動きが悪くなってしまいます。

コーヒーが好きな人もいるかもしれませんが、ついついカフェインを摂りすぎないように注意してください。

妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。

胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。

厚生労働省の推奨では1日あたり葉酸0.4mgです。

さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。

野菜だけで補おうとするととても大変ですから、サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。