葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中に、出来るだけ母体に良い

妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。

一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はタンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。

こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。

ですから妊活中の女性にも胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。

中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できると報告されていますから、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。

少しずつ暑さが増してくると思わず冷やした飲み物を飲みたくなってしまいますが妊活の最中は、いつにも増してなるべく体の冷えを招く飲み物というのを控えた方がいいでしょう。

逆に、飲み物でも温かいものを飲んでいれば妊娠に関与するホルモンの働きが改善します。

飲み物も重要ですが、その他の生活全てにおいても、日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。

妊娠がわかったその時には、大切なのは葉酸の摂取です。

十分な量の葉酸を摂ることで、胎児の発育も手助けされますし、母体も健康に過ごせるようになるため必要になってくるビタミンです。

葉酸はどうしても、普段の食事だけでは毎日摂り続けるのも大変です。

葉酸の不足を招かないためには必要に応じてサプリメントなども使った方が良いのです。

妊婦が葉酸を十分摂れなければ、胎児の発育が阻害される危険性もあります。

ことに神経管閉鎖障害という異常を生じる可能性があり障害が重いと無脳症になるため最終的には流産や死産になるのです。

障害を起こすリスクは少しでも下げることが望ましいので葉酸は妊娠の判明後すぐに強化して摂取するべきなのです。

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。

この期間は葉酸の十分な摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。

ところで、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が必要ないのでしょうか。

実際にはそうではないのです。

赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという話では、妊娠初期が最も注意する期間ですから、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。