葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

現在の日本で、先天性奇形の子供がどのくら

現在の日本で、先天性奇形の子供がどのくらい生まれているかというと全国の出生数に対して、平均4%と言われます。

奇形のリスクは高齢出産などで高くなりますが、奇形の防止に効果が認められるビタミンと言えばビタミンMとも言われる葉酸です。

とりわけ、胎児が細胞分裂を盛んに行っている妊娠初期の葉酸摂取はとても大事であり、妊娠がわかったときから、葉酸は一番大切な栄養素だと言い切っても決して言いすぎではありません。

一度目の妊娠の時、流産してしまいました。

とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、「子供が欲しい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊娠を考えて行動するようになりました。

妊娠しやすい体になることを目的に、以前から悩まされていた冷え性を克服するように、苦手だった運動を始めました。

大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、低体温が改善し、基礎体温が上がったので悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。

妊娠したら、葉酸を初期のうちにしっかり摂っておきたいというのはかなり知られてきましたが、本当のところ、妊娠中期や後期になっても妊婦にとって葉酸は欠かせない栄養素の一つなのです。

妊娠後期まで葉酸を摂ることで、赤ちゃんは発育が促され、母体にとっても貧血や妊娠中毒症を防ぐ働きがあります。

無事に妊娠初期を乗り切った後も、葉酸は妊娠中から授乳中にわたって継続して摂っていくべきです。

妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。

例えば、葉酸です。

妊活中の時から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に掲載されていました。

胎児が健やかに育つために最も重要な栄養素のひとつだそうで、一般的に妊娠に気付く以前から必要なもののようです。

野菜を十分に摂れない時は、サプリを利用すれば良いと書いてあったので、サプリを利用しようかと考えています。

葉酸サプリはたくさんの種類があるようなので、安心して服用できるものを見つけて、妊活を続けていきたいと思っています。

どうしても女の子が欲しかったので、あらゆる本やサイトに載っている男女産み分け法を丹念に調べて実行しました。

野菜をたくさん食べると女の子を授かる、お肉をたくさん食べると男の子等々、決定的な方法はないみたいですが可能な限りの方法を試してみました。

何とか赤ちゃんを授かって、普通の食事をとれなかったときもサプリメント葉酸を摂っていたためか無事生まれてきたのは女の子でした。