葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

栄養状態の改善や、適切な運動の励行といったいわゆ

栄養状態の改善や、適切な運動の励行といったいわゆる「妊活」という努力をし続けていると、やがてやる気がなくなってくる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

その様な場合にはストレス解消のために子宝神社をお参りしてみるのはどうですか。

時には一人で思いつめずに神様にお願いしてみるのもポジティブに考えられるようになる契機になると思います。

カフェインを含んだ飲料を飲むことは妊活中には避けたいですよね。

そういった場合に、ハーブティーがよく飲まれています。

その一つの理由は、薬効が期待できるというメリットがあるからです。

一例として、不妊の原因でもある冷え性の改善や、生理周期の乱れを整えることです。

さらには、効能として、リラックスできるというものもあります。

ストレスは妊活の大敵ですが、そういったものを解消してくれるでしょう。

葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。

野菜の中ではほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。

妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。

摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。

理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠の初期の段階で1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。

そのような場合は葉酸サプリで摂取するのも大丈夫です。

妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。

胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、サプリメント等で葉酸を摂取し、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。

ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。

厚生労働省の発表によりますと1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。

野菜だけで十分に摂取できるかというと、難しいと思いますから、サプリを活用してみるのが良いと思います。

私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。

正直、自分には関係ない話だと思っていましたが妻に、自分も飲んでみたいと言ったところ、「これは女性と赤ちゃんのためのサプリだから、他のサプリにすれば」ときっぱり言われたのです。

そうは言われましたが、男性も多めに摂った方が良いのではないかと思って妻には内緒で葉酸サプリを試してみました。

たちまち効果が出るわけではありませんが、飲んだ翌日もお酒が残ることがなくなり、口内炎を起こすことが少なくなってきました。