葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にした

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。

それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離して考えることは出来ません。

それというのも、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。

言うまでもありませんが、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。

実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。

ですから、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を注意してください。

典型的な水溶性ビタミンである葉酸は、かなり水に溶けやすいので大量に摂取したときも体内に吸収されて、作用する前に尿とともに排出されることもあります。

このため、葉酸サプリメントを飲むときは時間を空け、何回かに分けて飲むと良いと念頭に置いておいてください。

食事だけで葉酸の所要量を毎日摂ることはなかなか難しいため、少しでも多く摂取するのはもちろん、排出される量をできるだけ減らして、効果的に栄養素としての役割を果たすようにしたいですね。

葉酸はビタミンMともいい、妊娠初期に特に大事です。

この栄養素は、妊娠初期に胎児の脳と神経系が形成される過程で、順調に発育するのを助ける役目を果たしているのです。

どんな食材が、葉酸を豊富に含んでいるのか教えて欲しい、毎日の献立の中に上手く取り入れられないなどと悩んでいる方は、青汁の他、栄養補助食品で上手に摂取すれば良いのです。

健康な赤ちゃんが生まれるように、どうかがんばって葉酸を摂っていってください。

表面的には何もかかわりがなさそうですが、「妊娠」そして「歯の健康」という二つの事柄の間に、密接な関わりがあるのです。

近年の研究により、歯周病は早産や低体重児出産の発生の可能性を引き上げるということが判明しています。

妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。

妊活をしている女性の中で長い間歯科を受診していない方は、なるべく早く治療を受けた方がいいと思います。

大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。

妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。

健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、やりきれない気分でした。

産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。

悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。