葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ちょっとでも早く赤ちゃんが欲しいか

ちょっとでも早く赤ちゃんが欲しいからと妊活している時、栄養に留意することはとても大切です。

「太り過ぎ」までいくと問題ですが美容のためのダイエットはいったん中止して、体に必要な栄養を摂りましょう。

おやつは「栄養補給のため」と考えて、食べすぎに注意すればストレスを緩和するのにも良いと思います。

葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、日本の行政機関である厚生労働省も妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。

体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿や汗と一緒に体外に出ていくので、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。

それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。

葉酸を過剰に摂取すると、発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。

葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、提示された規定量を必ず守るようにしてください。

亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。

妊活中にも、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。

亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。

なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。

妊娠を希望している女性だけでなく、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。

質の高い精子をつくることを助けてくれるんですね。

妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を始めてみるのが良いと思います。

あなたは布ナプキンを知っていますか?布ナプキンと聞くと、使用後の洗濯が面倒、漏れそうに感じる等、使うことに戸惑いを感じる人がかなりいると思われます。

そうはいっても、下着と同様に布で作られている布ナプキンは、不快なムレやかゆみが減り、温かさを保つことができるのです。

このことから、ストレス軽減、冷え防止といった、女性にとっては、特に妊活をしていなくても、最も重要な子宮内の環境を改善させるのに効果的です。

胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。

妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、ルイボスティータンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。

これらはノンカフェインなので、妊活中の女性にも胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。

中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという話ですから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。