葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いまし

2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。

本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、話を切り出しづらくて、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。

1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、即、妊娠できるというわけでもなく、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。

私はラッキーだったのか、ほどなくして二人目の妊娠が判明。

やったぁ!と思いました。

嬉しかったです。

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。

妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を下げる効果が認められています。

理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、受胎前から妊娠初期の方には1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。

食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸のサプリを利用するのが賢い方法だと言えます。

皆さんお分かりのこととは思いますが、健康でいるということが妊活の必須条件です。

健康の維持には何が大事かというと、食べ物に留意し、体もある程度動かすということです。

肥満に陥らないようにするためでもあるのですが、体内の血液循環を良くして、栄養の流れが体内でスムーズにいくということも大きいです。

具体例として、簡単なウォーキング等が適しています。

胎児が母体内ですこやかに育っていくために、葉酸は必要量を確保しなければならない栄養素と最近よく耳にしますが、ビタミンB群の特長として、熱分解されやすいので、必要な量の葉酸を摂るためには、食事だけではなかなか困難です。

葉酸の損失を少しでも減らせるような調理法を知ることも大事だと思いますし、サプリなどを併用して効率よく摂ることも多くの場合は必要になるでしょう。

そろそろ赤ちゃんを、というときぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。

ビタミンB群の一つである葉酸は、B群から独立してビタミンMとも言われることがあります。

造血機能を高めるビタミンとされていますが、細胞分裂を盛んにするためにもなくてはならないビタミンなので、妊娠するためには夫婦どちらにも重要です。

葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、受精卵も着床しやすく、育ちやすくなるため妊娠の成立までたどり着く可能性が高まります。