葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉

妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、大切な栄養素とは言っても、摂取する量には気を配ってください。

特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含有していますから、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。

葉酸が過剰に体に蓄積されることで、食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。

また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。

みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは普段の食生活で摂れたら良いですよね。

具体的に、葉酸を多く含む食品は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。

また、他にも納豆や枝豆、ホタテもそうです。

このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのはちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリメント等を活用するのがおススメですね。

サプリメントであれば簡単に摂取できるという訳ですね。

妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとしている方が決して珍しくありません。

当然知らなければならないのは、どんな食材から葉酸がたくさん摂れるのか、ですよね。

名前の通り、葉酸は野菜の中でも葉物に多いとされます。

それから、マンゴーからも葉酸が多く摂れるので、マンゴーが出回る夏に妊娠の診断を受けた私は、お医者さんにも言われて、食べるようになりました。

便秘予防効果もあるそうで、それも良かったと思います。

 他の栄養素に優先して、葉酸は子供のために意識して摂取することを、妊娠初期から続けることを求められる栄養素です。

どこの製薬会社や健康食品会社からも葉酸の入ったサプリメントや薬を売っていますが、購入時に気をつけなくてはならないのは配合されている成分を全て確認することです。

妊娠初期に口にするものは気をつけなければならないので合成添加物や香料を排除した安心して摂れる製品を選んでください。

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。

この期間は葉酸の十分な摂取が推奨されています。

ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が無くても良いのでしょうか。

妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、それは違います。

赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、先に述べた妊娠初期という摂取時期が注意が必要な期間ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。