葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

パッと見では何の関係もなさそうなのですが、

パッと見では何の関係もなさそうなのですが、妊娠と歯の健康との間にはとても深い関連があるということが判明しています。

近年の研究により、歯周病というものが、早産あるいは低体重児などの確率を高めているのです。

妊娠していると治療に制限が出てきます。

今、妊活中の方で、ずっと歯医者さんに行っていないという方は今のうちに治療を受けた方がいいと思います。

加熱すると葉酸は減ってしまい、日頃の食生活の中では必要量を摂取できないことが多いためサプリなどを上手く取り入れるべきでしょう。

葉酸のサプリもいろいろありますが、製造過程で非加熱のものを探すことが必要だと言えます。

自分の身体を作る栄養素を選ぶのですから、天然由来のものを原料にしていること、香料や着色料などが無添加であることなどと、安全性にも配慮して選べれば理想的です。

葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。

葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が少なくないですよね。

ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。

そのため調理の際の加熱によって熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。

一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。

お腹の赤ちゃんのために葉酸をしっかり摂らなければならないと思う方も決して珍しくありません。

知っておくと役に立つのは、どんな食材から葉酸がたくさん摂れるのか、ですよね。

葉酸という名から考えても、野菜の中でも葉物に多いとされます。

果物ではイチゴの他、マンゴーにも葉酸が多く、私の場合、妊娠に気づいたのは夏だったので、マンゴーが安く産院のお医者さんにも食べることをすすめられました。

便秘予防効果もあるそうで、それも良かったと思います。

 妊娠初期に特に多く摂りたいと、一般に知られているのが葉酸です。

葉酸を摂るためには何を食べれば良いかというと野菜の中でも、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いとされます。

加工食品の中では、納豆に多く含まれます。

海藻類、海苔などからも葉酸を摂れますから毎日、少しずつでも意識的に食べれば、所要量は自ずと満たされます。

果物なら、イチゴに葉酸が比較的多いので間食で果物を食べたければ、イチゴにしましょう。