葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

やっと初めての赤ちゃんが来てくれて、身体に良いと言わ

やっと初めての赤ちゃんが来てくれて、身体に良いと言われることはできるだけ実践しました。

とりわけ妊娠初期は注意しなさいと母も医師も同じことを言っていたからです。

インターネットでも、雑誌の記事でも妊娠初期から葉酸を多く摂らなければならないと書かれていたので、すぐに葉酸サプリメントを買いに行きました。

つわりがひどいときにはほとんど食事がとれませんでしたが、サプリメントは栄養補助食品と書かれており、どんなときでも葉酸が摂れたのは良かったです。

近年、少子化が進むにつれ、男の子か女の子かの産み分けを行いたいという夫婦も多くなっているようですが、今の日本の医学において男女を産み分ける確実な方法はまだ見つかっていません。

それが分かっており、そうは言ってもやはり「挑戦したい」というならば、以下に記述することをやってみてください。

男の子を授かりたい場合は排卵日当日、女の子が授かりたい場合は排卵日の2、3日前に夫婦の営みを持つという方法が効果があるかもしれません。

不妊症が分かって妊活に入っていくケースでは、あまりにも長期戦となってきてしまうと心が疲弊していきます。

ですので、あらかじめ期間を決めておいて、徹底的に夫婦で協力してやっていこうという形で最初に決めておくことがいい形かもしれません。

期間を定めておくことによって、夫婦でよく話し合って決めたことだから腹をくくってやっていこうというポジティブな気持ちが持続するのです。

2人目が出来るといいなと妊娠するのをのんびりと待っていたら妊娠しないまま3年の月日が経ったので自分自身か夫の体の状態に悪いところがないか気になりだしました。

長男を育てる上でも病気があったら困りますので思い切って細かく検査をしてもらい、何もなければ妊活を始めようと夫と話し合って決めたのですが、今思ってみればこの話し合いが私が妊活をはじめたきっかけでした。

ビタミンとしての葉酸は、食事から摂取するだけでなく、サプリメントなどを補助的に飲んで補っても効果に変わりはありません。

さらに、妊娠中や授乳中の女性など通常の倍近い葉酸の摂取を要求されている中でも日々の献立の中で、葉酸が上手く摂れない場合や、簡単に改善されない貧血を治療するため、大量の鉄分補給と並行してスポット的に注射で投与することもあるようです。